アラフィフの髪はヘナ染めで育毛効果を狙う。シャンプーも控えて。

アラフィフになり、白髪染めを頻繁にするようになりました。ずっと市販の2液式の白髪染めを使用していましたが、ある日、髪の分け目のところ、頭の登頂部の地肌が以前よりも髪がすけているように感じ、このままではハゲてしまう、と焦ったことがきっかけで育毛に興味を持つようになりました。

まず、ジアミンの入っている市販の白髪染めをやめて、ヘナ染めやインディゴ染めなど自然の植物原料100%のものを使うようにしました。

ただし、市販のように綺麗に染まりません。天然のものなので色味が赤っぽくなったり、あるいはすぐに色落ちしてしまうなど、満足のいくものではないのですが、ヘナで染めると髪がツヤツヤになり、おまけに育毛効果もあるのです。その為、染める際は地肌に擦り付けるようにたっぷりぬります。3時間位放置しても髪に悪いことをしている感がないので、色落ちはしますが頻繁にヘナ、インディゴ染めしても髪、地肌に負担がかかりません。

そして、シャンプーを毎日するのをやめました。髪の地肌はある程度の油分は必要らしく、毎日シャンプーはしなくてもいいらしいと聞いたのです。インターネットで調べてみると、芸能人でもシャンプーをやめている人が何人かいます。

完全にシャンプーをやめるのは難しいと思いますが、1日おきくらいなら、と実践し始めました。シャンプーしない日はお湯洗いのみ。冬場なら3、4日おきでもいけると思います。

シャンプーは髪に優しいものを使って、量も少なめで。モコモコ泡立たなくても余分な油分が落ちればいいかな、というくらいに抑えています。

1年ほど続けていますが、髪がすけているのが気にならなくなりました。きっと地肌が健康になったのだと思います。

これから年配になると髪や地肌の悩みが深刻になってくると思うので、早めに対処できて良かったと感じています。