美髪は頭皮から!スカルプケアで未来に自信が持てる!

バスタイムは、一日の中で癒される時間のひとつであることは、私以外にも多くの人が思っていることではないでしょうか。

バスタイムは癒しの時間であると共に、自分のメンテナンスの時間でもあると私は思っていて、いろいろこだわりの時間にしております。

今回はそのこだわりの中のひとつでもある、シャンプーについて紹介したいと思います。

シャンプーへのこだわり、と言うよりは、スカルプケアがこだわりではあるのですが…。

なぜスカルプケアなのか、それは髪だけをケアしても、根本が良くなければ、せっかくのケアも半減してしまうからです。髪へのケアも大切ですが、まずはそのケアが効果的になるような環境作りから、といったところでしょうか。

では、実際どのようにケアするのか?

マッサージをするのが効果的です。

抜け毛や白髪の原因のひとつに、頭皮の固さがあります。頭皮が固いということは、血行が良くない事が考えられます。

血行が悪いと、必要な酸素や美髪に必要な栄養も行き届かないことになるので、まずは優しく頭皮をマッサージします。指の腹で頭皮を動かすイメージです。力加減には十分に注意して行います。

それからシャンプーを行うことで、頭皮の汚れ、皮脂等をしっかり洗うことが出来ます。

もちろん、洗ってから乾かす時でも大丈夫です。

美髪は頭皮から!

是非皆さんにもおすすめしたい、簡単にはできるスカルプケアです。

パレオダイエットのメリット

パレオダイエットのメリットは、カロリー制限なしで、食べる量の制限なくダイエットできるところです。また、ダイエットだけでなく、病気の予防などにも効果があるのもメリットです。パレオダイエットなら、カロリー制限なく、食べる量の制限もありません。そして病気の予防に効果があるで、健康的に痩せることができます。ダイエットでよく失敗するのが食べ過ぎですが、この方法は、空腹に耐え切れないことがないので、ドカ食いしてしまう心配がありません。空腹に耐え切れずにいつもドカ食いしてしまう人にとっては、おすすめできる効果的なダイエット法と言えます。また、炭水化物や添加物に偏った食生活をリセットできるメリットもあります。炭水化物や添加物に偏った現代の食生活をリセットしたい人にとってパレオダイエットは良い機会になります。そしてパレオダイエットすることで、食生活を見直すことができ、そのまま生活習慣病予防対策につながります。素材の味わいを堪能できるダイエット法なので、基本は薄味になります。中長期に渡ってゆっくりと体重を落とす方法なので、健康的な引き締まった体になることができます。私は車が大好きでよく休日はドライブに行きます。晴れた日のドライブって本当に最高ですよね!夏は海まで車で行きます。特に江ノ島あたりの国道は大好きで、走っていて本当に気持ちが良いです。私のクルマ好きは小さい頃からで、よくおもちゃのミニカーで遊んでいました。そのお陰でいまは色々な車種を知っていますし、唯一の趣味と言ってもいいくらい車が大好きです。1人だけでなく、家族でもよくドライブに行きます。車買取

シャンプー・トリートメントはノンシリコンでおしゃれに

髪を洗うシャンプーとトリートメントは50代で馴染んだノンシリコン、髪にコーティング効果のシリコン商品は使うことがないだろうと思います。購入前、最初の時期に髪がきしむというデメリットを聞いていたので考えましたが、日々使ってみるとトリートメントもあるのでしなやかな質感です。

このケアでもパサつくようならばドライヤーの前にアウトバス・トリートメント、オイルタイプとか乳液、化粧水のような髪の美容液で落着きます。ノンシリコンで洗うと髪がパサつくとか、きしむのがデメリットだと一般知識にありますがこの点はシリコンのシャンプーとトリートメント、コンディショナーの使用がパサつきの原因ですね。髪に付着していたシリコンがノンシリコン・

シャンプー効果で流れたということ、コーティングしていたシリコンが剥れたというヘアケアのプロセスです。一般的というノンシリコンのデメリットは、シリコンからノンシリコンにシフトした時の状態、使い始めの数回くらいは多少パサつく場合もありますが、地肌はすこやかで頭皮と髪が健康的です。

コーティングの層がシリコンよりも薄いので髪のおしゃれには最適、パーマ液もきちんと効いてよい状態のウェーブ、ヘアカラーとかマニキュアもちゃんと染まります。髪と頭皮にベスト効果でおしゃれにもよいノンシリコン、細くなりがちな熟年の髪に適した良質です。

試行錯誤して長い月日を費やした私のヘアケアに対するこだわり。

私は、夜に髪を洗います。シャンプーは、通販の化粧品メーカーが取り扱っているシャンプーを使っています。今まで市販のシャンプーとコンディショナーを使っていましたが、値段も良いこともあり、さすがに違いました。髪の中に浸透していくという言葉が分かるのです。朝起きた時が、楽しみでなりません。寝癖直しがいらないのです。

また、年齢も重ねていくと段々と、髪の毛の生え際も気になるところが出て来たのですが、その時に気をつけているのが、髪を洗う時、シャワーを使いますが、流すときに顔の上からでは無く、後頭部の方から流すようにしています。

髪は洗ってからすぐに乾かします。その時に市販品ではありますが、濡れた髪専用で、夜用の洗い流さないトリートメントして、ドライヤーも60℃という低温度で乾かすドライヤー使用しています。

今までは2900円とか1900円の安いドライヤーで髪が焼けるほど熱い熱風で乾かしていましたが、シャンプーやトリートメントと同様にドライヤーも髪には大切なのかなと思いました。