シャンプー・トリートメントはノンシリコンでおしゃれに

髪を洗うシャンプーとトリートメントは50代で馴染んだノンシリコン、髪にコーティング効果のシリコン商品は使うことがないだろうと思います。購入前、最初の時期に髪がきしむというデメリットを聞いていたので考えましたが、日々使ってみるとトリートメントもあるのでしなやかな質感です。

このケアでもパサつくようならばドライヤーの前にアウトバス・トリートメント、オイルタイプとか乳液、化粧水のような髪の美容液で落着きます。ノンシリコンで洗うと髪がパサつくとか、きしむのがデメリットだと一般知識にありますがこの点はシリコンのシャンプーとトリートメント、コンディショナーの使用がパサつきの原因ですね。髪に付着していたシリコンがノンシリコン・

シャンプー効果で流れたということ、コーティングしていたシリコンが剥れたというヘアケアのプロセスです。一般的というノンシリコンのデメリットは、シリコンからノンシリコンにシフトした時の状態、使い始めの数回くらいは多少パサつく場合もありますが、地肌はすこやかで頭皮と髪が健康的です。

コーティングの層がシリコンよりも薄いので髪のおしゃれには最適、パーマ液もきちんと効いてよい状態のウェーブ、ヘアカラーとかマニキュアもちゃんと染まります。髪と頭皮にベスト効果でおしゃれにもよいノンシリコン、細くなりがちな熟年の髪に適した良質です。